にほんブログ村 小遣いブログ フリマ・フリマアプリへ

メルカリ招待コード

メルカリの招待コードでアカウントがバレるって本当?

メルカリ招待コードでアカウントがバレる?

メルカリ招待コードでアカウントがバレるって…?

メルカリに新規会員登録する際に招待コード(WHJFVE)を入力すると、メルカリはもちろん、メルペイ決済が利用できる店舗での買い物で支払いに使える招待ポイントがもらえてオトクなのは嬉しいけど・・・

自分をメルカリに招待してくれた相手側にアカウントがバレるのが怖い!

という不安を抱えている人も世の中にはいるようです。

ネット上を検索してみると、上記のような不安の声に対しての返答は「その心配は要りません。」といった内容がほとんどですが、自分のアカウントが特定されてしまったという話もないわけではありません。

とはいえ、結論をいうと、メルカリで自分のアカウントが特定されてしまった事例については、招待コードが直接の原因ではないんですけどね。

なので、メルカリの招待コードを利用したいのはやまやまだけど、アカウント特定が心配…という場合は、あることに注意していれば基本的に大丈夫です。

この記事では、メルカリの招待コード入力とアカウント特定について掘り下げていきます。

もしメルカリのアカウントが相手にバレるのが嫌で、招待コード(WHJFVE)の入力を躊躇してしまっている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

メルカリの招待コードから相手(招待者)にわかる情報はほとんどない

メルカリの招待コードを入力すると相手(招待者)にわかる?

メルカリの招待コードを入力すると相手(招待者)にわかる?

メルカリの招待コード入力で相手(招待者)に通知されるのは、友達招待による招待ポイントを獲得したという情報のみです。

誰がメルカリに登録したかは相手(招待者)には通知されません。

もちろん、招待された人のアカウント(プロフィール)情報は、相手(招待者)には一切わからない仕様になっています。

ちなみにメルカリに招待した側のお知らせ画面には、以下のように表示されます。

メルカリで友達招待により500円分のポイントを獲得した時のお知らせ

メルカリで友達招待により500円分のポイントを獲得した時のお知らせ

上記の画面では、誰をメルカリに招待したのかまではわかりません。

なので、メルカリの招待コード入力が直接の原因となって相手に自分のアカウントがバレることはないということです。

もし自分のアカウントがバレるのを恐れてメルカリの招待コード入力を躊躇している場合は、安心してください。

500ポイントGET!

メルカリ招待コード入力方法

招待コードは「WHJFVE」

メルカリのアカウントが特定されてしまう原因はSNS?

メルカリの招待コードが直接の原因となって自分のアカウントがバレる心配はありませんが、SNSを利用している場合は情報の扱い方に慎重になった方が良いでしょう。

「メルカリ会員登録時に招待コードを入力したら、相手(招待者)に自分のアカウントがバレた」と言っている人たちは、以下に当てはまるケースがほとんどだったりします。

メルカリのアカウントが特定されるケース

  • SNSのアカウント名・アイコンとメルカリのニックネームおよびプロフィール画像が同じ
  • 掲示板に招待コードの宣伝をする際、名前の入力欄にメルカリのニックネームを書き込んでいる
  • SNSで自分がメルカリに出品している商品ページをシェアすると同時に招待コードをつぶやいている

メルカリ利用者の中には、TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを使っている人も多いと思います。

当然、メルカリのニックネームやプロフィール画像と各SNSのアカウント名およびアイコンが同じ場合は、それぞれを紐付けしやすいこともあり、アカウント特定の原因となるでしょう。

ネットの掲示板にメルカリの招待コードを書き込む際も同様です。

また、メルカリにはプロフィールシェアという機能があるわけですが、プロフィールシェアを使って自分のプロフィールページをSNS上でフォロワーさんたちにシェアした後、招待コードをつぶやいた場合もメルカリのアカウントが特定されやすくなります。

メルカリのプロフィールシェア機能

メルカリのプロフィールシェア機能

メルカリのプロフィールシェアで自分のプロフィールをSNSで公開

メルカリのプロフィールシェアで自分のプロフィールをSNSで公開

たとえば、メルカリに出品している商品をアピールするためにTwitterで自分の出品商品ページをシェアした1週間後、今度は招待コードをつぶやいたとしましょう。

この場合、タイムラインを過去に遡ればかんたんにその人のメルカリのアカウントと招待コードが特定できてしまいます。

しかし、本人はメルカリに出品している商品ページをシェアしたことを忘れている状態で、一定期間置いてから招待コードをつぶやいているわけです。

つまり、メルカリのアカウントがバレてしまった原因のほとんどは、招待コードではなくて、SNSなどでアカウントが特定できる情報を本人が自ら発信してしまっているということです。

【結論】メルカリの招待コードによって個人情報がバレる心配は無用

最後に情報をまとめると以下のとおりです。

  • メルカリの招待コードで相手に自分のアカウントがバレる心配はない
  • メルカリの招待コードを利用した人の個人情報までは相手にはわからない
  • メルカリのアカウントが特定されてしまう人の多くはSNSなどで自ら情報を公開している場合がほとんど

メルカリの招待コードを利用するうえで、アカウントや個人情報がバレる心配は無用ということです。

これからメルカリに登録するのであれば、このような心配はせず、安心して招待コードをご利用ください。

500ポイントGET!

メルカリ招待コード入力方法

招待コードは「WHJFVE」

-メルカリ招待コード

Copyright© 招待コード活用術 , 2020 All Rights Reserved.